[スポンサードリンク]

防音性能表示「D値」(遮音等級) [防音の知識]

遮音等級Dr値とは

建築物の防音性能は遮音等級「Dr値」で表されます。遮音等級「Dr値」は空間の遮音性能等級分けして表した数値です。JIS 日本工業規格によって規定されており、Dr-30〜Dr-60で表されます。数値が大きいほど遮音性能が高くなります。遮音40等級とも表示されます。
Dr-70、Dr-80といった性能はJISで規定していませんが、同じ曲線で考えて、「Dr-70相当」という表現を使う場合があります。

遮音等級「Dr値」は空間の遮音性能等級分けして表した数値です。

Dr値は壁で隔てられた部屋の片方から所定の方法で音を発生させ,その音をもう片方の部屋で測定し,音圧レベル差を測定します。周波数毎(125、250、500、1000、2000、4000Hz)に測定し、遮音基準曲線と比較して全ての測定値が満たす等級が値となります。

マンションやホテル、音楽スタジオ、映画館の遮音性能は、この遮音等級「Dr値」を尺度として発注されます。

ピアノ室の防音では、Dr-50程度が一般的に目標とされます。
ピアノの音量が100dB前後なので、Dr-50の性能があると、建物の外では音の大きさが50dB(とても静かな音)になります。

低音を多く含むドラムのような楽器の防音では、低周波数帯でも高い遮音性能が求められます。ただでさえ音量が大きいドラムの場合、ドラム用防音室の遮音性能はDr-60ほどの高い性能が必要となります。
(さらに、ドラムの場合は振動対策に気を使う必要があります。サウンドジャパンではこれらを考慮したドラム用防音室が販売されています。)

D値

同じように遮音性能を表す数値として「D値」というものがありますが、これは日本建築学会が定めている基準です。内容としてはDr値と同様です。

TLd値

空間(実際の建築物の2室間)の防音性能を表す値としては遮音等級Dr値が使われますが、防音素材、防音グッズなどの個体性能はTLd値で表されます。(音響試験室で測定された遮音壁単体の遮音性能)

T値

防音性能を表す規格としてサッシやガラスの防音性能を示すT値というものがありますが、T値はD値と違い500Hzにおける遮音性能により定義されている等級です。




[スポンサードリンク]
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。