[スポンサードリンク]

防音室 [防音室]

自宅の防音を考えた事のある人なら一度は考える「防音室」。防音室はヤマハやカワイなどの会社から製品が出されています。防音室はある程度素材や大きさ毎に製品が用意され、量産できる体制となっており、比較的安い値段で購入できます。(オーダーメイドもあります。)生活雑音を防ぎたいのではなく、ピアノドラムなどの楽器演奏のために防音を考えているのであれば、DIY自作するのは大変ですので、防音室を導入したほうが簡単かつ確実に効果を得ることができます。ただし、それなりに場所をとるのでゆとりある生活空間を持っている人に限りますが。マンションでも導入可能です。

防音室価格は様々ですが、数十万から数百万といったところです。リフォーム工事よりは価格を抑えられます。中古の防音室も出回っているのでインターネットで探してみるのもいいです。中古防音室の場合は価格を抑えることができるのですが、オーダーメイドできないので、中々いい防音室を見つけるのは難しいかもしれません。不要となったら中古販売店が買取してくれます。

防音室にはエアコンなどの空調設備も取り付ける必要もあるので、その費用も検討が必要です。防音室の設置は防音室を販売している業者に依頼しますが、自作できるタイプの防音室もあります。大きなプラモデルを作るようなイメージで作成できます。工事費がかからない分、防音室を導入する必要を抑えることができるので、工作好きにはお勧めです。

防音室と言えばヤマハのアビテックスが有名ですが、ヤマハ以外にもカワイ、サイレントデザインなどのメーカーからも防音室は販売されています。各メーカーとも高いノウハウを元に独自の防音室を作り上げているので評判などを参考に比較検討してみるといいと思います。

導入を迷ってる方には防音室レンタルもお勧めです。ヤマハではレンタルで気に入ったらそのまま購入できるシステムを導入してます。ただし、防音室の最低レンタル期間を設定しているところもあるので注意が必要です。

■防音室の記事一覧




[スポンサードリンク]
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました